ガラス撥水

ウィンドウガラス施工を行うと視界が良好になり、撥水効果で雨の日でも安全に運転できます。汚れや油膜なども付きにくくなります。

水垢や雨染み

被膜に付着する雨染みには大きく2種類あります。

イオンデポジット

イオンデポジットとは、水滴が水垢となってこびりついた状態のことをいいます。塗装面に付着するとくすんで見えたり、光沢も少なくなっていきます。状態が悪化すると、ウォータースポットになってしまいます。

ウォータースポット

ウォータースポットとは、塗装面のシミが進行してしまい円形状に陥没してしまうことです。ここまで進行すると研磨作業しないと元の状態には戻りません。さらに悪化すると、非常に強固な被膜となり、研磨作業をしても修復ができなくなる場合もあります。化学的に結合されている無機質なので、専用のメンテナンスクリーナーでも取り除くのが難しいです。ここまでの状態になると専門店に頼む方が無難です。

原因

水滴がレンズ効果となって、表面との化学結合をすることで膜を作ります。

雨水だけではなく、水道水や井戸水などの不純物が原因となります。特にカルシウムなどミネラルを豊富に含んでいる井戸水は洗車後に拭き取ったとしても残留物が残ってしまいます。コイン洗車場などでは井戸水を使っているケースも多いので注意が必要です。また、撥水剤が含まれているウォッシャー液やアルカリ成分を含んでいる凍結防止剤なども原因となります。

非常に硬い膜となるため、除去するのが大変困難になります。

対策

こまめに洗車をすることがいいとされますが、頻度などを考えると毎回行うのもなかなか難しいところもあります。親水性のコーティングをすることで、水玉になりにくく水が流れるので、雨が降っても比較的簡単に洗い落とすことができます。洗車をする頻度も少なくなるためお勧めです。

お気軽にお問い合わせください。03-3850-2357受付時間 9:30-19:00